成分を“正しく“解析するシャンプー評価サイト

Le ment(ルメント) Le ment(ルメント)シャンプーの解析・評価・口コミの評価・解析

ルメントシャンプー
総合評価
   4.5点
刺激成分
  • (

    刺激成分の見方


    度数が大きくなる程、刺激が強くなります。


    0度=無し

    1度=ほぼ無し

    2度=普通

    3度=やや多い

    4度=多い

    5度=非常に多い

    )
   0.5 度
  • 安全性

     

    3.5
  • 使用感

     

    5.0
  • 仕上がり

     

    5.0
  • 敏感肌適正

     

    5.0
  • 頭皮環境正常化

     

    4.5
容量・税抜価格
200ml=2,400円
コスト計算
10mlあたり=120円

香りが抜群に良い!まるでサロン帰りの仕上がりへ。炭酸シャンプー

このシャンプーの成分評価・解析

オシャレな炭酸シャンプー「ルメント」

 

ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNaの3つの洗浄成分で構成されている。

 

どれもアミノ酸系でマイルドな洗浄成分。

 

 

ココイルグルタミン酸Naは、アミノ酸系の界面活性剤。

しっとりした仕上がりが特徴でコンディショニング効果がある洗浄成分

 

ラウリルベタインは、両性活性剤です。起泡剤、柔軟剤として配合されています。

 

ココイルメチルタウリンNa も、アミノ酸系の低刺激で安全性の高い洗浄剤。

アミノ酸系界面活性剤の中でも『タウリン系』に属します。

 

サロン系シャンプーという事で、いかにもサロンシャンプーらしい、優しい洗浄成分で構成されてる。

 

 

アルガニアスピノサ核油

バオバブ種子油

テオブロマグランジフロルム種子脂

 

この3つは、植物性のオイル。

 

この時点で、ここにオイルが来るという事は、結構な配合比率だと判断できる。

髪にツヤが得られるが、配合量が多すぎると、オイルのべったり感で、髪が重たくなってしまう。

しかし、口述するが、思っているほどに、重くはならず、適度なツヤが得られたので、仕上がりは非常に良い印象。

 

 

 

加水分解ケラチン(羊毛)は、植物オイルのツヤ感とは違い、髪の内部を補修する成分なので、オイルのツヤとは違い、髪の本質を補修する役目を果たす。

 

毛髪と同じ成分なので、髪にハリ、弾力を与えます。

 

 

 

トウキンセンカ花エキス

ローズマリー葉エキス

ラベンダー花エキス

カミツレ花エキス

セージ葉エキス

レモン果実エキス

スギナエキス

ホップ花エキス

セイヨウアカマツ球果エキス

 

 

、、、と、サロン系シャンプーという割には、エキス類も贅沢配合。

フケかゆみ・などを防ぎ、頭皮を健やかな状態へ。

 

 

ポリクオタニウム-51は、生体適合成分。

ヒアルロン酸の2倍の保湿性能を有する非常に優れた成分で、ヘアケアのみならず、スキンケア商品にも配合される成分。

 

クエン酸は、酸化防止剤、pH調整剤。

 

 

ベタインは、植物由来の保湿剤です。毛髪に柔軟性を与えます。

 

BGはグリセリンと同じイメージで保湿剤として配合される。

パラベンの効果をアップさせる効果もある。

 

二酸化炭素、これは成分として配合されているのではなく、スプレーの「噴射剤」として配合されています。

なので、噴射された後のシャンプーには、これは含まれないので、気にする事はありません。

 

EDTA-2Naはキレート剤(金属イオンを不活性化させる成分)です。

スプレー式のシャンプーなので、どうしても容器が金属になってしまうので、この配合は仕方がない事。

品質の劣化を招くのだが、EDTA-2Naは金属イオンを封鎖し軟水化することで、そのような劣化を防ぐ目的で配合される。

が、、、、

 

これは、正直、マイナスポイント、、、

 

旧表示指定成分なので、正直、、、良い成分とは言い難い。

ハッキリ言ってしまえば、、、「悪い」成分だ。

悲しい事に、市販の化粧品・日用品に非常によく使われている物質です。

 

ただし、このシャンプーは「スプレー式」なので、どうしても、金属容器になってしまうので、むしろ、このEDTA-2Naの配合は、正しい判断だと言えよう。

 

 

防腐剤は、メチルパラベンが選択されており、こちらは好印象。

世論の「パラベン=危険」という、デマとも言える誤情報に流される事なく、メチルパラベンを配合した事は、評価が高い。

防腐剤とは、どのシャンプーにも必ず必須の存在!!

 

その中でも、メチルパラベンこそが、もっとも安全で、ごく少量で製品の品質を維持できる防腐剤であると考えます。

 

なので、メチルパラベンならば、ごく少量の配合で済み、品質も、長く維持が可能と言えます。

 

サリチル酸や安息香酸Naなどの防腐剤と比べ、はるかに毒性が低く、安心・安全な成分。

 

 

 

EDTA-2Naは、正直、ガッカリポイントではあるが、それはスプレー式のシャンプーだからこその仕方がないポイントとして、

 

そのマイナスポイントをかき消すほどの「良さ」がこのシャンプーにはある。

 

サロンらしいマイルドで優しい洗い心地。

そして、何よりも、この「香り」の良さ。

 

仕上がりは、確かに、オイルが高濃度配合というだけあり、ツヤが出た。

仕上がりも申し分ない。

 

このクセの無い使用感と香りは、かなりの好ポイント。

この評価ページを共有する
  • ツイート
  • f いいね!
  • LINE 送る
  • R 共有
  • B! 共有
  • m イイネ
  • 共有
  • +1
  • f シェア
成分表示
水、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、LPG、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解ケラチン(羊毛)、フラーレン、トウキンセンカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、スギナエキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、コカミドDEA、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-10、クエン酸、ベタイン、BG、二酸化炭素、EDTA-2Na、メチルパラベン、PVP、香料
商品コンセプト
サロン帰りの手触りを味わえる
スペシャルホームケア
炭酸シャンプー

【公式サイト】

https://cosmecollege.com/soc-s01_pc.html

【主な販売場所】

オンラインショップ
PAGE TOP